2010年2月 3日 (水)

メニエール病の原因

もし普通でないめまいを感じるようになって、それが一度で終わらず何度も繰り返すようだったら、まずは主治医の先生に診てもらいましょう。その中でも神経内科や脳神経外科などの科を受診するのがいいでしょう。中には診察や検査をしても原因がわからず、いったいなんの病気かわからなかったり、処方された薬を服用しても症状が改善されない場合もたくさんあるという報告が、実は多くされています。薬はただの気休めにしかなりません。また、効かない薬をずっと飲み続けるのは体によくない気がする、というような悩みをもった患者さんも多いという声をよく聞きます。もし、メニエール病だと診断されたとしても、それは何らかの原因がきっかけでおこった結果にすぎません。根本的に治療するにはその原因を追究し改善することが大切です。その原因はストレスかもしれませんし、日頃の食生活かもしれません。治したい、と思えば思うほど、今度は違うところに力が入って、肩こりから慢性的な頭痛になる患者さんも多いみたいです。

メニエール病が発作したとき

病気の経過には個人差があります。このような症状だと、定義することはできないのですが、その多くの場合が耳の閉塞感や低音性難聴や耳鳴りがきっかけとして起こります。耳鳴りから始まりそうですが違うんですね。それらの症状を何度も繰りしていると、めまいの発作を起こすようになります。稀に、いきなり激しいめまいになって難聴になるケースもあります。もしメニエール病の発作になったら、動き回るのはとても危ない行為です。とりあえず、安静にしてめまいが落ち着くのを待ちましょう。もし抗めまい剤や吐き気止めを持っていたらすぐに飲むといいでしょう。異常が出ている側の耳を上にして、頭を動かさないようにしているとおさまってきます。もし病院でメニエール病だと診断されているのであれば救急車など呼ばずに、安静にしていたほうがいいと思います。動かすと刺激で症状が悪化することがあります。症状がおさまるまで、ゆっくりしているのがポイントです。

メニエール病とは

耳の内耳は、骨と膜の二重構造になっているのですが、膜の内側はリンパ液、つまりは、内リンパ液という液で満たされているのです。しあkし、この内リンパ液の調整が過剰に分泌されるようになると、内リンパ水腫というのを耳の内部に作り、これが神経を圧迫するので、めまいや耳鳴り・難聴など、さまざまな体にとって負担になる症状が現れるようになります。これがいわゆる、メニエール病と呼ばれる病気です。早く治療し、治す方法は、やはり早期発見です。症状が悪化すると治療が困難になることで有名なこの病気ですが、初期のうちに正確な診断や適切な治療を受けると治すことも可能です。まずは聴力検査を行って難聴があるかどうかを調べることからはじまります。次にからだのバランス状態を見て、具体的には足踏みを目をつぶってしてからだのふらつきを見たり、眼の動きを見る眼振検査というものが行われます。まれに頭部のCTやMRIをとることもあります。

2010年1月27日 (水)

オススメ

梅毒

梅毒の検査を簡単に済ませたい人のためのキットがあります。

ライスフォース

大人気の化粧品ライスフォースの化粧品をお試し価格で手にいれることができます。

プロアクティブ

ニキビケアの定番商品をご紹介するサイトです。

プロアクティブ

海外での売上ナンバーワンのにきびケア用品はこちらです。

化粧品サンプル

様々な基礎化粧品のお試し商品を提供するサイトです。

化粧品サンプル

肌のお手入れに最適な商品を様々取り扱っているサイトです。

オルビス

無添加化粧品のオルビスのお得なパックを紹介いたします。

オルビス

オイルを使わないオルビスの商品を紹介するサイトです。

やずや

本物の健康食品を出し続けているヤズヤはこちらです。

よか石けん

つかってみんしゃいよか石けんでおなじみのyoka石鹸を紹介

スカルプd

育毛をお考えのかたはテレビなどの紹介で大人気のスカルプDをオススメします。

ナノインパクト

ナノの粒子が頭皮を刺激する圧倒的なインパクトのシャンプーはこちらから。

アテニア

高品質なのに、値段が安い!モデルも愛用しているアテニアのページです。

無料ブログはココログ